人気媚薬のタイプ・効果・副作用ついて

AGA薄毛治療薬プロペシアだけじゃなくて、医薬品は利用していると人体が慣れてきて少しづつ効果が薄くなっていくという耐性がよく問題になります。

 

AGA薄毛治療薬プロペシアの完全な効き目が現れてるまでに通常、6ヶ月程度かかります。ただ、爆発力というのは長く続かないため、一般的には、プロペシアの使用を初めて、1年程度がピークのようでそこから2年目、3年目と少しづつその効果も薄れていきます。

 

そのため、AGA薄毛治療薬プロペシアの影響力としては5年程度とも呼ばれていますが、ただ、プロペシアが我が国に流行してまだ十年もたたないためその本質的な所は微妙です。「耐性があるからプロペシアはやらないか?」と、聞かれれば間違いなくNO!絶対にプロペシアはやると思います。

 

僕は10年以上、薄毛に悩んできて、いろいろな育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントなども試しました。そのおかげもあり、10年経っても横山ノックのようにつるっぱげにならず、まだ髪が残っていました。ただ、年々つむじが目立つようになり、前髪の生え際は後退していきました。そして、一度は初期脱毛と出産が怖くなり挫折したプロペシアを再開して1年程ですが、本当に劇的に髪の毛が増えました。

 

これほどまでの毛の量は小学生の頃以来ではないでしょうか?いずれは植毛や増毛といった抜け毛治療も必要だと思いますが正直、今の状態では数百万円を出すお金はありません。1ヶ月6600円で始められるプロペシアは、高額な薄毛治療と比べれば格段に安い費用で抜け毛対策が可能です。

 

例えプロペシアに耐性があったとしても全然効果がなくなる訳ではないですし、かなりの確率で薄毛の克服が可能なのがプロペシアでもあります。もしまだプロペシアを始めていないようであれば、耐性を気にする前にまずは半年間やってみて結果をみてから判断することをおすすめします。

2017年4月19日