正規品媚薬と偽造医薬品の違い

現在、発情媚薬はネット通販で簡単に購入できますが、偽造医薬品の不正取引は近年増加しますから、偽物を販売している詐欺サイトも多く存在しています。本文は偽造医薬品と正規品媚薬の違いについて説明します
偽物は有名でよく売れる発情媚薬を真似し、正規品と違う成分が含まれ、全く効き目のない発情媚薬を売っています。
正規品の発情媚薬は神経を過敏にして集中力を高め、体を活性化する効果があります。女性は火照りから肌がうっすらと汗ばみ、局部も敏感に、普段は感じないところまで感じるようになります。
しかし、最悪の偽物の場合、本物の薬のように見える外見をしているが、薬として効く成分は入っていなく、含まれていてもごく微量だったりするので、患者は十分に治療効果が得られないばかりか、回復の見込みもありません。これらの主成分を信じるなど論外で、体を壊してしまう成分も含まれていたり、持病や健康に悪影響をもたらす成分が入っている場合もあり、望まない副作用現われるかもしれません。しかも、有毒ですらあります。なかには重金属やレンガの粉末が入って、中毒症状を引き起こします。
効き目のない成分や効果の薄い成分を使っているので、コストも安く、そして、専門薬局で購入するよりも低価格なので、消費者を騙しています。だから、価格が異常に低い場合は十分にご注意ください。購入する場合は、なるべく正規品サイトでのご購入がおすすめです。

2017年3月10日